他製品との比較

ホーム> 「mokumokuto」のこだわり> 他製品との比較

市販のヘアダイ、ヘアマニキュアと「木木と」の染色方法と使用薬品の違い

染毛剤(料) 短所 長所
ヘアダイ特長(ヘナ)

ダメージ大、発色比較的よくない
染まるの2〜3日かかる。

色が抜けにくく長持ちする

ヘアマニキュア特長

すぐに染まるが、長持ちしない

ダメージ少な目、色鮮やか

mokumokuto
(ハーブトリートメント)

上記の短所を改善

ダメージが少なく長持ち

mokumokutoのメリット

ヘナベースは、染まるのに少し時間がかかるが、mokumokutoはヘアマニキュア成分の持つ即効性でカバーします。

■当日~2日

⇒ヘアマニキュア成分

■3日~

⇒ヘアマニキュア成分は落ちてくる
⇒ヘナ成分でしっかり染まってくる

ナチュラル系染毛料の歴史

世代 特徴
第1世代

酸化染料(パラフェニレンジアミン配合)のヘナ

第2世代

ヘナとインディゴを利用。2度塗りで白髪を染色

第3世代

ヘナ・インディゴ配合。黒茶系の発色を実現。染色に施術から2〜3日必要

第4世代
mokumokuto
(ハーブトリートメント)

施術直後に染色。色落ちしづらい。パサつき、きしみをなくす

第3世代の市販のナチュラル系染毛料との比較

■「木木と」は、すぐに染色します

第4世代の市販のナチュラル系染毛料との比較

■「木木と」は、すぐに退色しません

商品特徴

品質について

他社製品との比較

きれいに染める方法