商品特徴

ホーム> 「mokumokuto」のこだわり> 商品特徴

mokumokutoの4つの特徴

頭皮用化粧品

化粧品として届け出るには、医薬部外品原料基準に含まれる人体にリスクがあるとされる原料は、使用できません。安心・安全であるという証でもあります。

2度染めなしですぐに染色

植物染料はどれも空気に触れ、酸化が進むことで発色していきます。バランスのとれたハーブ等の配合と最適な施術方法によって、すぐに染色します。

ジアミン不使用

化学薬品からつくられる染毛剤は、強いアレルギー反応を起こし、痒み・かぶれ・粘膜の障害・呼吸困難などの症状を引き起こす原因となる場合があります。

コラーゲン配合

ローソニア皮膜でコーティングしますが、油脂成分・水分など髪の毛を滑らかにする成分は含まれていません。コラーゲンを配合することで特有の“きしみ感”が残りません。

植物由来の天然コーティング剤「ローソニア」配合

「ローソニア」の上部なコーティング被膜がキューティクルをしっかりと保護してくれます。

植物に含まれる「ローソニア」は、ケラチン蛋白(タンパク)と強く絡みつく性質を持っており、爪や髪の毛(爪や頭髪の成分は高濃度のケラチン蛋白)の表面に長持ちする丈夫なコーティング皮膜を作ります。

つまり、脱落したキューティクルをコーティングして保護することで、一時的な効果しか期待できない一般のトリートメント剤とは一線を画す、究極のトリートメント効果が期待できるのです。

髪の毛は死滅細胞で再生することがありません。 パーマ・ヘアカラー・ブラッシング・ドライヤーの使用などで、徐々にキューティクルは脱落してしまいますが、ローソニアの皮膜はこれらを髪の毛の外側からコーティングし、修復する働きがあります。 この作用が髪の毛内部の“間充物質”の流出を防ぎ、髪にハリ・コシ・ツヤを与えます。

間充物質はPPT成分とも言われ、二十数種類の成分で構成され、主に水分と油脂成分です。髪の毛内部の繊維(コルテックス)を糊付けするようにまとめる役割を担って おり、これが流出すると髪の毛が乾き、枝毛になり、ツヤがなくなります。間充物質が流出しないようにキューティクルがあり、キューティクルが脱落すると損傷毛といわれる状態になります。

天然植物成分配合

商品特徴

品質について

他社製品との比較

きれいに染める方法